静岡市

静岡市のセミナー情報

リーンスタートアップの理論と事例

リーンスタートアップの理論と事例
米国で急速成長するオンライン直販ビジネス

 「ヒト、モノ、カネを投じて、こだわり抜き、磨き上げた素晴らしい商品、サービスなのに思うように売れない。」このような問題を解決するのが、リーンスタートアップの思想です。「リーン」とは「無駄がない」「筋肉体質の」という意味で、リーンスタートアップの思想は、早く安く失敗して迅速な軌道修正を探索する顧客開発モデルを構築します。

 本セミナーでは、リーンによるスタートアップと顧客開発、その肝である評価のための顧客インタビューまでを学びます。また、本年度は、オンラインビジネスの分野で急成長しているアメリカのスタートアップを、事例紹介に取り上げます。紹介する事例は、ビジネスプロセスのすべてがオンラインになっているメーカー直販D2C(Direct to Consumer)ビジネスで、そこで使われているリーンの手法を紹介します。

 さらに、米スタンフォード大学スティーブ・ブランク氏によって提唱された、リーンの実践的企業家育成プログラム「リーンローンチパッド」(※ローンチパッドとは、ロケットの発射台を意味します)についても解説します。この手法は、アメリカを中心として世界に広がっており、日本でも先進的な中小企業から大企業まで日本版のリーンローンチパッドを取り入れる動きが加速しています。

 講師は、国内で当プログラムの普及活動に尽力されている法政大学ビジネススクール(経営大学院)の村上健一郎教授です。自らの体験も交え、創業は新規事業の新しい立ち上げをわかりやすくお話しいただきます。

内容

  • 熱意が失敗を招くパラドクス
  • リーンスタートアップとケーススタディ
  • 顧客開発の4ステップと仮説の構築
  • 構築→計測→学習を俊敏に回す
  • リーンローンチパッドの概要

講師

村上 健一郎 氏(法政大学ビジネススクール イノベーションマネジメント研究科教授)

  • 1955年生まれ。熊本県出身。九州大学工学部、同大学院工学研究科を修了。博士(情報科学)(早稲田大学)。
  • 81年~04年まで日本電信電話公社電気通信研究所を経てNTT研究所主幹研究員。初の太平洋を越えるインターネット接続に成功。また、世界最高速度のパケット交換機の開発に成功。第6回元岡賞、情報処理学会ベストオーサー賞、日経BP技術賞などを受賞。東京大学大学院非常勤講師などを経て05年より現職。

開催概要

日時

 令和2年11月13日(金)18時30分~20時30分

聴講方法

 オンライン形式
 ※パソコン、スマホ、タブレット等を使って聴講してください。

定員

 40名(先着)

対象

  • これから創業を目指す方
  • 創業後間もない方
  • 新規事業や新製品の企画開発担当者

など

受講料

 無料

お申込み

 B-nest 静岡市産学交流センターのホームページからお申込みください。
 FAXでお申込みの場合は、こちらの受講申込書に必要事項をご記入のうえ、お送りください。
 また、Eメールでのお申込みの場合は、件名を「リーンスタートアップセミナーの申込み」とし、受講申込書の項目を記載してお送りください。お申込み受付後に、ご案内をEメールにてお送りします。

主催・お問い合わせ

 B-nest 静岡市産学交流センター
 〒420-0857 静岡市葵区御幸町3-21 ペガサート6・7階
 TEL:054-275-1655 FAX:054-275-1656
 HP:http://www.b-nest.jp/
 E-mail:info@b-nest.jp

ページの先頭へ